見出し画像

共働き夫婦の危機から生まれたアプリ「家事ノート」開発秘話

共働き夫婦が増える中、生活から切っても切り離せない「家事」。一緒に暮らしていて、意識・認識にズレがあると、せっかくの結婚生活が喧嘩ばかりという事にもなりかねません。

「家事ノート」は、実際にそんな課題を持った夫婦の体験から生まれました。どんな経緯で生まれたのか、使ってどんな課題が解決されたのか、「家事ノート」を開発した山本航さんと奥さんの美沙さんに、アプリの魅力を聞きました。

■簡単な「記録」が、イライラを解消する

美沙:以前は家事の負担が、自分が圧倒的に多いことが不満でした。だから何とかして「こんなに、やっているんだよ」とアピールしたかったんです。仕事で疲れている時に家事はやりたくない。でも義務感があって、やらない自分もストレスになる。やっても、やらなくても不満と言う状況でした。

:僕はそんな彼女のことも気にしつつ「僕は僕で、それなりに家事やっているよ」と思っていたんですよね・・・。実際にそうではなかったんですが(笑)。

美沙:そうそう。お互いに「自分」がやっている事にばかりに目がいってしまって、「相手」がやってくれている事が分からず、褒めてあげる余裕がなかった。そんな時、私の同僚が家事のメモを取っていて。真似をしてやった家事をメモしていくようにしたんです。

:メモのおかげで「あぁ、こんなに差があるんだな」と実感しました。僕がやっていたのは、ほんの一部で。ただ、実態が把握できたのは良いのですが、ノートって不便なことも多かった。例えばメモを忘れて外出してしまったら、その場で記録ができないから忘れてしまう。それに一冊しかないと、自分の手元にない時に記録できない。ノートの時は僕がやった家事を彼女にメモしてもらっていたんです。だから思い出した時に、自分で記録できるようにしたかった。そこで作ったのが「家事ノート」です。コンテンツやデザインはシンプルに。使っていたノートをベースに無駄な機能はつけず、自分たちが使いたいものを形にしました。

■ゲーム感覚で家事が楽しくなる

美沙:「家事ノート」が便利だと思うのは、まずはモチベーションが保てる点です。
私と彼はアプリになる前のテスト版からなので、かれこれ1年以上使い続けられています。
やればちゃんと点数が付いて、相手に認めてもらえる。家事をやることで承認欲求が満たされるんですね。同時に相手が意外と家事をやっている事に気づけるので、感謝の気持ちも生まれます。

:点数が付く仕組みは、承認欲求が満たされると同時に、ゲーム感覚で楽しめるという利点もあります。家事内容と点数配分はカスタマイズできるので、二人とも苦手な家事・・・例えば僕の料理の点数を高くしておくんです。だから僕は彼女との点差が開きすぎた時に、頑張って料理をする。少しでも挽回してやろうと。

美沙:彼が知らないうちに点数差が開いてしまうこともあるんですよ。家事をしていないと、ログインもしない。差が開いていることに気がつかない(笑)。

:ちょっと忙しい時にサボると、あっという間です。
久しぶりのログインで気がついて慌てる。で、また挽回しなきゃと思う。これも含めてゲーム性があって楽しめています。

美沙:あとは、視覚化されて解りやすいことも大きなメリットです。彼に「あなた3割しかやってないよ」と言うと角が立つけれど、アプリで表示される点数や割合を見たら、言わなくても・・・むしろ言いたくなくても伝わる。家事を気持ち良くできるようになったし、感情的に本当に楽になりました。

■感謝しあう機会を増やす

:ツールがあることで、家事の不満が軽減される。むしろ楽しくできる。そしてお互い感謝しあえるって素直に良いと思います。僕たちは家事に対する不満も少なくなったし、家事理由の喧嘩もあまりしなくなりました。だからこそ同じような悩みがある人に使ってもらいたいですね。

美沙:同じ悩みを持っている人って、もともとは私たちみたいな共働き夫婦だと思ったんですが、子育て層も同じ悩みがあるはずで。例えば出産・育児休暇で仕事を離れてしまうと、誰にも評価してもらえなくてストレスが溜まるのは自然かな、と。本来なら家事は大変な仕事なのに、旦那さんが気付いてあげない限り褒められないんです。

:家事の意識・認識を擦り合せるって、共同生活では本当に大切ですよね。夫婦円満に生活できるコツもここにあるんじゃないかと。シンプルにこの課題が解決できる「家事ノート」を、もっといいものにしていければと思います。

----------------------------------------------------------------------------[Profile]
山本航
株式会社Calano 最高技術責任者。
複数のベンチャー企業を渡り歩き、創業期のプロダクト作りに携わる。
昨年6月から株式会社Calanoに参画し、家事アプリの作成などに従事している。

撮影・文:丸山夏名美


家事ノートとは?

家事・育児に忙しい毎日を送る、
共働き夫婦向けの家事分担アプリです。
お互いの家事負担を可視化して感謝を伝えましょう。
家事ノートでは、家事負担をわかりやすく可視化します。
あなたが行なった家事を記録をすれば、パートナーに通知が届きます。
そしてありがとうボタンを押せば、簡単にパートナーに感謝を伝えることができます。
家事を記録するだけでなく、TODO機能でパートナーに家事のお願いができます。

●ランディングページ

●iOS

●Android

●お問い合わせ
皆様のご意見をお聞きして、家事ノートをより良いアプリにしていきます。
ご要望・ご質問・不具合は下記のメールアドレスまでお問い合わせください。
info@kajinote.jp

●運営会社
株式会社Calano
住所:東京都渋谷区渋谷3-26-16 第五叶ビル5F

#家事ノート, #家事, #家事分担, #共働き, #夫婦, #主婦, #主夫,#アプリ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

株式会社Calano

スマホアプリ(共働き夫婦向け家事分担)のピボットを経て、ブロックチェーン業界で事業を検討中。 ブロックチェーンの技術ブログを中心に発信していきます!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。